目的に合わせた広告印刷選定 効果的な広告媒体を選定 Advertising analysis

次に必要なことはそのターゲット層に最も有効な広告媒体を選定することです。パンフレットやリーフレット、新聞折り込みや新聞紙面広告、タウン情報誌広告やクーポンなどのフリーペーパー広告、ホームページとの連動広告など様々です。

集客や販売促進など、最終的な目的(目標値)とそれらに掛かるコスト(経費)のバランスを検討して、突発的な考えで実行しないことが、中・長期的にも効果を持続させるコツだともいえます。

イメージ画像

ポイント 広告宣伝費にもメリハリを

経費節約の対象になりやすいのも広告宣伝費だと思います。名刺やチラシの紙厚を薄くしてコストダウンしたとしても、ペラペラの名刺や裏が透けてしまうチラシではイメージまでダウンしかねません。経理上の数字では分かり易い節約効果ですが“企業イメージ”まで低下したとしたら本末転倒になってしまいます。

また、経費を抑えるばかりの発想では、広告宣伝の効果自体も期待できません。投資ポイントを把握して、時には十分な実行力も必要になります。突発的な実行を避けて、年間の広告宣伝計画で十分に検討する必要があります。

Q&A 広告印刷選定に関する質問と回答

宣伝企画の段階で相談できますか?

まず最初に目的や時期といった概略をお知らせください。お客様のご要望に沿った媒体の選定やアドバイスなど、ご相談にお応えいたします。

パンフレットやチラシなどイメージを統一して制作依頼できますか?

同じ用途のツールに統一感が無いのは不自然な感じを与えます。一度に依頼することでコストダウンにもなりますので、先ずはお問い合せください。

デザインだけの依頼はできますか?

お客様側で印刷に依頼する場合、弊社でデザインデータのみを制作いたします。制作の際にガイドラインが必要となりますので、一度内容をおうかがいしてから見積もりいたします。

前の項目 1 2


TOP


Copyright 2006 Vertex design. All rights reserved.